消費者金融の事情

高度成長時代は人々の賃金が右肩上がりで上昇した為、消費者金融会社でボーナスを先取りして消費を先取りするスタイルが世の中に受けた訳ですね。

ボーナスもどんどん増えましたから、カードローンも苦も無く返済できました。

しかし、バブルが崩壊して全ての歯車が逆回転しました。

そして、世の中が不況で苦しむ中で、2000年代に入っても好況を享受していた消費者金融業界に「過払い金返還問題」が突きつけられました。

その結果、、三洋信販と武富士は破綻し、アコムとプロミスとレイクは銀行の傘下に入りました。

レイクはGEコンシューマーファイナンス株式会社の傘下を経て2009年4月に新生フィナンシャル株式会社の傘下に入り、2011年10月にレイクは新生フィナンシャル株式会社から親会社の新生銀行に移り「新生銀行カードローンレイク」として同行のカードローンの一商品として事業展開しています。

従って、レイクの最大の強みはレイクの消費者金融会社としての長いノウハウの蓄積と、新生銀行が運営する経営スタイルにあります。

そして、レイクは貸金業法で規制される消費者金融会社から、銀行法で規制される銀行経営に変わったことが大きな強みなのです。

信金融資は誰でも利用可能なの?

即日融資は「急いでお金を借りたい!」というような時に利用する事が多いですが、その急いで借りたい時に最適な即日融資は非常に商品数が多くなっています。

即日融資は、ふるくから消費者金融業者の融資というイメージですが、実際のところは銀行系の金融会社から銀行はもちろん、信用金庫にまで即日融資が今では取り扱っています。

例えば、信用金庫の即日融資は金利も低めで固定金利なので、金利が高くなるという心配なく利用出来るものです。

尚且つ消費者金融業者と比較しても同じ即日融資なのに金利が低いため、非常にお得ですし、どなたでも利用出来る融資商品です。

また、ネット銀行の即日融資等も非常に魅力がある即日融資商品を提供していますが、ネット銀行の即日融資の場合は、口座の開設をする必要性があるので口座を持っていない方の融資は「口座開設+融資」となり時間がかかる事もあり、その辺がネックでもあります。

しかし、信用金庫の即日融資なら利用に際してもわざわざ口座開設をする必要なく融資を利用出来るので、そうした部分でもスムーズです。

中々信金でスピード融資は少し前では考えられず、難しかったものです。

ですが、今では即日に融資が可能なため、信金の融資は「急いでお金を融資してもらいたい」という目的の融資にも大変適するものだと思いますし、金利の部分も他金融会社より低めに利用出来るので大変お勧めです。

そんな信金融資は、どなたでも申込みが可能な即日融資で、先に紹介するように口座開設の必要もなく信金との取引が無くても利用出来ます。

更には、専業主婦の方の利用も可能でパートやアルバイトの方の利用が可能ですから、主婦の方の「今月は給料日まで持たない‥」というような目的の融資にも大変適しています。

ただし、信金は地域ごとに存在し、尚且つその地域の人々の生活向上や事業の発展等の活性化を目的としている金融機関なので、各エリアに存在する信金での融資利用になります。

そのため融資を希望する方は、ご自身の住まわれている地域に存在する信金には即日キャッシングが無い場合もあるので、その辺は事前に確認が必要です。

プロミスの運営会社「SMBCコンシューマーファイナンス」

プロミスは2004年に三井住友フィナンシャル・グループとの戦略的提携を発表し、事実上、三井住友フィナンシャル・グループの傘下に入りました。

そして、2011年9月からプロミスは三井住友フィナンシャルグループのTOB(株式公開買い付け)を受け入れ、正式に三井住友フィナンシャルグループの傘下入りして資本・業務提携を進め、昨年3月にプロミスは東京証券取引所第1部上場が廃止されました。

そして、昨年7月からプロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス」に社名を改め、プロミス名はブランド名として残されました。

現在、「SMBCコンシューマーファイナンス」は、資本金807億円で従業員数は2,773人で株主は三井住友フィナンシャルグループが100%の三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となりました。

そして、現在の「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」の子会社・関連会社はモビット株式会社・株式会社エージーカード・株式会社Doフィナンシャルサービス・株式会社ネットフューチャー・プロミス香港・プロミスタイランド・アビリオ債権回収株式会社があります。

モビット株式会社は「SMBCコンシューマーファイナンス」が45%出資し「SMBCコンシューマーファイナンス」の持分法適用関連会社で、三菱東京UFJ銀行との合弁会社でもあります。

また、株式会社エージーカードは「SMBCコンシューマーファイナンス」株式会社が間接的に66%出資しているクレジットカード会社です。

更に、株式会社Doフィナンシャルサービスは「SMBCコンシューマーファイナンス」株式会社の完全子会社で信販事業を行っています。

そして、株式会社ネットフューチャーも「SMBCコンシューマーファイナンス」株式会社の完全子会社でテレマーケティング事業を行っています。

また、プロミス香港・プロミスタイランド・アビリオ債権回収株式会社も「SMBCコンシューマーファイナンス」株式会社の完全子会社です。

このように「SMBCコンシューマーファイナンス」株式会社は三井住友フィナンシャルグループの重要な会社となっています。

給料日前にはプロミスでキャッシング

私はいつも給料日前にお金が足りなくなると、プロミスで10万円ぐらい借りて生活しています。

だいたいあと給料日まで1週間という時が多いのですが、もしもの時や急な飲み会のために、多めに借りる事にしています。

これも毎月ではなく年に数回なので、だいたい月に1万円ずつ返しながら、残りはボーナス時に一揆に返済しています。

だから年をまたがってキャッシングしているといったこともなく、コンスタンスに返済しているので安心なのです。

プロミスは、来店不要で自分の口座に直接借りたい分だけのお金を振り込んでくれるので便利です。

お金を借りているところを誰かに見られたりする事もないので助かります。

給料日前に職場の同僚達みたいに、ケチケチする必要もなく、いつもゆとりを持った生活が送れるので、私にとってプロミスは、生活をより向上させてくれるためのお助けツールなのです。

簡単なキャッシングの利用

いざという時の支払いにはクレジットカードが便利です。

料金の支払いを後回しにすることが出来るので

それまでにお金のやりくりをする余裕が生まれます。

場合によっては途中で分割払いに変更することも出来るので

使い勝手は良いと感じています。

しかしクレジットカードでも対応出来ないのが

現金が必要な時です。

電子化が進んだ今の世の中でもどうしても

現金が必要だという場面は意外と多いものです。

先日も急な法事があって夜中からあれこれ準備が必要で、

香典ひとつ包むにも現金が無くてはなりません。

他にもいろいろお金が出て行く場面なので

一回でまとまった現金を用意するのには

キャッシングの利用が手早くて便利でした。

短期間での借入では利息もほとんどかかりませんから

時間外の銀行ATMを何度か使ったと思えば

むしろ手数料の節約にもつながるケースもありそうです。

柔軟な対応が出来る備えとして

キャッシングを利用できるようにしておいて

本当に良かったと思いました。

主婦のお金を借りるには?

お金が必要な事は誰にでもあり、それが主婦といえども同じでお金が必要になる事は主婦でも多々あります。

お金を借りるという事を考え、尚且つスピードや柔軟な審査を希望する場合、以前は消費者金融業者での借入れがそれに適する場所でしたが、数年前の法改正と総量規制により、最近は消費者金融業者の借入れも非常に難しくなっています。

だからこそ、最近は銀行のカードローンや銀行系のキャッシング会社の人気が高まり多くの利用者がいるのですが、では主婦のみなさんがお金を必要とする場合、どういうところで工面出来るか?

法改正や総量規制というものは、そもそも貸金業法なので、貸金業者といわれるところを意味します。

要するに貸金業法の改正に基づき総量規制の対象となるのは消費者金融業者等を指しているわけですが、無職の主婦がお金を必要とする場合、例えば審査も融資も早い消費者金融で申込みをしたとすると、ここでの審査は非常に厳しくなります。

又、法改正により消費者金融業者自体も主婦への貸付を行わないような方向性ですから、仮に主婦による融資の申込みがあっても審査は中々面倒になるでしょう。

例えば配偶者の同意書や年収証明、夫婦間の身分関係を証明するもの等が消費者金融で無職の主婦が借入れの申込みをすると必要となりますので、そうした必要書類だけで大変です。

こうした事から審査や申込みにおいて消費者金融業者での借入れは煩雑化しているといえますので、主婦のみなさんがお金を必要とする場合、消費者金融業者での借入は十分内容を確認し検討しなくてはいけません。

☑無職の主婦はお金を借りるにはどうすればよいか?

☑内緒で借りることは出来ないか?

主婦のみなさんがお金を借りる場合、こうした「内緒で‥」「何処で借りる‥」という事を考えると思いますが、主婦の皆さんが面倒な手続きなくローンを利用しお金を借りるためには「総量規制の対象外」という場での借入れが適しています。

ですから「無職&主婦」のみなさんが、お金を借りたいと考える時には、総量規制の対象外で尚且つ申込みにも身分証明書類だけで済む、「銀行」もしくは「銀行系のキャッシング商品」の利用がお勧めです。

自分へのごほうびキャッシング

友人の家に遊びに行ったとき、友人が指輪を買ったということで見せてもらいました。

いろんな石が付いている、とても綺麗な指輪に見とれつつ、私も自分の指輪が欲しいなと思ったんです。

家に帰って、早速自分の欲しい指輪を調べると、とても自分の給料ではすぐに買えるものではないことが分かりました。

でも、まともな指輪なんて1つも持ってないし、今まで仕事頑張ってきた自分へのごほうびということで買ってしまおうと思い、クレジットカードを申し込むことにしました。

無事、カードが発行され、無駄遣いしないようにと、とりあえず10万だけキャッシングして、その中の数万を使い指輪を買うことに。

後日、素敵な指輪が届き、「たまにはこんな贅沢もいいよね」と、指輪を眺めながら思いました。

お金を借りたいときは誰でもありますよね!

 

キャッシングのイメージ

キャッシングとは、金融機関が個人向けに行っている小口の融資の事です。個人向けの小口の融資といえば、以前は消費者金融が行っていた融資の形態ですが、現在では銀行などの他の金融機関も行うようになっています。小口の融資であるために、審査が簡略化されているのが特徴となっており、短期的な利用に向いている融資の形態となっています。コンビニエンスストアのATMでも利用できる事から手軽なイメージがありますが、銀行が行う通常の融資と比較すると金利は高く設定されているので、計画的な使用が必要です。キャッシングは、総量規制の対象であるので年収の3分の1以上の利用はできなくなっています。専業主婦や専業主夫がキャッシングの審査に申し込む際には、配偶者の同意書が必要となっています。

お金の話について

毎月もう少しお金があればいいなとよく思うんですが、

例えば、5000円あれば

好きなお洋服を比較的買うことができます。

他にも、今月新しく発売するゲームがあれば

それを買うこともできます。

月に1回くらいは、

欲しい物を買いたいと思うので

お金がもう少しあればいいなと思います。

高い物を買ったりとか、

贅沢をしたいというわけではないです。

例えば、コンビニエンスストア等で

お弁当を買う分のお金が十分にあればいいなと思います。

毎月決まったお小遣いがあれば

かなりマシになります。

そのお小遣いは、最低

5000円か、

1万円くらいは欲しいなと思います。

そして、そのお小遣いの量によって

買いたいもの等を決めていきます。

効率的にお金を使っていきたいです。

お金がなくなったら無担保ローンお勧めですよ!

オリックス銀行カードローンは保証人が必要なの?

オリックス銀行のカードローンは、限度額800万円の大口カードローンです。

金利的には、限度額で適用される金利が低ければ、金利を低く利用できお得に利用できるカードとなりますが、適用金利が最高金利の17.8%になる場合は、金利が高いと言われても仕方ないというものではあります。

しかし、オリックス銀行のカードは、申込み条件の内容も緩く年齢、収入面における部分もハードルが低く設定されている商品なので、非常に借りやすく柔軟審査の印象を感じられる即日系カードローンだと思います。

他社のカードローンの場合なら、年齢は60歳までの条件ですし年収は基本的にアルバイトもOKと言われているものの、おおよそ審査可決となる年収は300万円ですから、それと比較してオリックス銀行のカードローンは、年収200万円以上で65歳未満が申込み可能ですから、柔軟さが伺えるカードローンなのです。